いろいろなメーカーから電話 / 非電話を問わずAndroid端末が増えているなか、今度はiriverがAndroidベースのモバイル端末を来年にも発表することが明らかになりました。オーストラリアで同社製品を販売するC.R. Kennedy社のDanny Bejanoff氏がインタビューで答えたもの。端末はK2と呼ばれており、3.5型のタッチパネルを搭載、さらにWiFi / ウェブブラウザ / 加速度センサ / Bluetooth / デジタルTVチューナーなどを盛り込むとのことです。どのようなデザインになるかは不明ですが、3.5型のタッチスクリーン端末ということであればiriver版iPod Touch、あるいはAndroidベースのiPod Touchと言えるかもしれません。最近似たような製品を見た記憶もあります。

ちなみに同氏によれば、iriverはさらに新しい電子ブックリーダーや、インターネット・タブレット(!)も開発中とのこと。こちらは残念ながら詳細不明。あれこれやと一緒にいきなりタブレットの時代が来てしまうのでしょうか。