ソニーの電子ブックリーダー新型は"Touch"と"Pocket"、エントリー向け

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年08月5日, 午後 01:20 in e ink
0シェア
FacebookTwitter



説明書バレのあったソニーの電子ブックリーダー「Reader」 新機種が正式発表を迎えました。名称は左がPRS-600 "Touch"、右の小さい方がPRS-300 "Pocket"。Touchは現行の上位機種 PRS-700とおなじ6インチ 800 x 600 E Inkディスプレイとタッチスクリーンを備え、Oxford American English Dictionaryをプリインストールします。ストレージは内蔵 512MBおよびSD / MSスロット。

右のPocketは名前のとおり小さく、タッチスクリーンではない5インチディスプレイを採用しています。こちらは外部ストレージスロットなしの内蔵512MB。両機種ともWiFi接続には対応していないものの、ソニーによれば今後発表する上位機種にはなんらかの無線接続機能が搭載される予定。米国価格はTouchが299ドル、Pocketが199ドルと従来機種よりかなり安め。またソニーのオンラインブックストアでも、ベストセラーの価格が一冊11.99ドルからAmazonに近い9.99ドルに値下げされます。Touch / Pocketの発売は8月末予定。



TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: e ink, ebook, EInk, prs-300, prs-600, sony, sony reader, SonyReader
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents