LUMIXに新マイクロフォーサーズ機のうわさ、E-P1より小型?

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年08月7日, 午後 05:30 in lumix gf1
0シェア
FacebookTwitter


パナソニックとオリンパスが共同で策定したマイクロフォーサーズ規格は、これまで女流一眼 LUMIX G1 やオリンパス・ペン E-P1 などユニークなカメラを生み出してきました。さて次の一手は? というところで出てきたのがこの写真。Xitek.comというサイトのフォーラムに掲載されていたもので、信憑性は不明。元のスレッドはすでに消えています。

本物と仮定して話を進めるなら、型番は LUMIX GF1。E-P1よりさらに小型でポップアップ・フラッシュが付いています。光学ビューファインダーはありませんが、ホットシューがあるので外付けになる模様。製品化されてしまうと世界最小のレンズ交換式デジカメの座を E-P1 から奪いとるだけでなく、ビジネスとしても思いきり競合してしまうことになりそうですが、両社の関係は大丈夫なのでしょうか。続きに写真をもう一枚。

[Via Digital Photography Review]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: lumix gf1, LumixGf1, micro four thirds, MicroFourThirds, panasonic
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents