ふつう、メガネには単焦点レンズを用います。そのため眼の焦点を合わせる力が弱まると、近くを見たあと遠くが見えにくくなったり、遠くを見たあと近くが見えにくくなったり。遠近両用に用いられる多焦点レンズや度数が段階的に変わる多重累進焦点レンズもありますが、慣れが必要なうえ視界が狭くなるという問題もあります。

「そんなメガネを作るのはもうやめなさい」と訴えるのがTruFocals社のメガネ TruFocals。左右レンズを繋ぐブリッジ部分にスライダーがあり、焦点距離を自分で調節できます。左右のレンズがそれぞれレンズ二枚組で構成されており、ふたつのレンズのあいだに透明な流動体を挟みこんでいるため、スライダーで流動体の形を変化させることで焦点も変えられる......という仕組み。歪んで見えるとか視界が狭くなるとかいった問題もありません。

お値段は$895。レンズは対キズ・対反射・対汚れコーティング、紫外線カットなどもろもろ付き。30日間の無料トライアルも付いています。解析が丁寧すぎてテレビショッピング風になってしまっている広告動画を続きに掲載。

[Via CNET]