サムスンからデジタルカメラの新モデル TL220 / TL225 が発表になりました。レンズ横にあるポップな絵に目を奪われますが、これは1.5インチの液晶ディスプレイ。撮影時にファインダーがわりとなるため自分撮りが簡単、SNSやブログ用にポートレイトがたくさんいるという人にはぴったりです。自分撮り先進国の日本にはサブディスプレイをファインダーがわりにできる携帯電話など古くからありますが、こちらには前面のディスプレイに子供向けのアニメーションを再生することで注意を惹く(シャッターチャンスを増やす)という斬新な機能も搭載。再生アニメをホラーに変えて恐怖の瞬間を撮影できるかどうかは不明です。

仕様に目を向けると、有効画素数は1220万。720pのHD動画撮影にも対応します。動画フォーマットはH.264。そのほか広角27mmからの光学4.6倍ズーム、光学&デジタル手ぶれ補正、最大20人までの顔認識、笑顔認識など。背面液晶はジェスチャー操作・タッチ操作が可能で、TL220は3インチワイド・23万色、TL225は3.5インチワイド・115万色。TL225にはHDMI端子も付いています。

縦横サイズは共通で 99.8 x 59.8 mm。厚さはTL220が18.9mm、高機能のTL225は19.1mm。いずれも米国では来月の発売予定で、TL220は$299.99、TL225は$349.99です。続きに動画を掲載。