米国では9月15日から販売されるマイクロソフト Zune HDの詳しい仕様が分かりました。Zune HDはマイクロソフトが北米でだけ展開しているポータブルメディアプレーヤ Zuneの最新モデル。特徴は 3.3インチの有機ELディスプレイとZune初のタッチ操作を採用したこと、NVIDIAの高性能SoC " Tegra "を載せてリッチなUIとHD動画再生、長時間駆動を両立していることなど。シリーズ標準の無線LANに加えてウェブブラウザも搭載しています。

iPod touch風になる前の初代 Zuneからサポートしていた無線はウェブブラウザのほかPCとの同期、マーケットプレースへの接続、メディアのストリーミング視聴、「近くにいるZuneを探す」「再生中の曲を公開」やZuneどうしの音楽ファイル交換、そのほか「Zune Social」な機能に使われます。Zune Socialは last.fm他のように、聴く音楽の傾向などを共有する音楽系ソーシャルサービス。Xbox LIVEと同等の「Zune カード」ウィジェットもあります (めったに見かけませんが)。またマイクロソフトは Windows Mobile や iPhoneアプリ開発者に接触しているという情報もあり、独自のアプリストアを開設するとみられています。

詳しい仕様一覧と動画は続きを参照。動画で見ものは奥行きの表現がある画面遷移エフェクトと、音楽再生中の「スクリーンセーバー」画面。動画を再生しているのではなく、アートワークと楽曲 / アーティスト情報から音楽クリップ風の映像を生成しています。




ディスプレイ:
3.3インチ 480 x 272 (16:9) OLED、10点マルチタッチ。

本体サイズ:
52.7 x 102.1 x 8.9 mm、重さ74g。

ストレージ容量:
16GB / 32GB

対応音楽ファイル形式:
mp3 (~ 320Kbps / 48kHz), WMA Standard (~384Kbps), WMA Pro (2ch, ~ 768Kbps / 48kHz), WMA Lossless (2ch, ~ 768kHz), AAC (.mp4, .m4a, .m4b. ~ 320Kbps / 48kHz)。

対応動画ファイル形式:
WMV Main and Simple profile (最大 720 x 480 at 30fps, 10.0Mbps). WMV Advanced profile (L2まで。1280 x 720 at 30fps. ~ 14.0Mbps). MPEG-4 Part 2 (.mp4, .m4vコ ンテナ。Simple profile, 720 x 480 at 30fps, ~ 4.0Mbps). H.264 baseline profile + bframe (720 x 480 at 30fps, ~ 10Mbps). H.264 Main profile (Level 3.1まで。1280 x 720 at 30 fps, ~ 14.0Mbps)。非対応ファイルは Zune ソフトウェアで転送時にトランスコード。

バッテリー駆動時間:
音楽再生 最大 33時間 (無線オフ)。動画最大 8.5時間。充電はPC接続時 3時間、ACアダプタで2時間。

無線:
802.11b/g, WEP (64bit / 128bit), WPA, WPA2 (TKIP, AES)

外部出力:
アナログ音声出力、光デジタル音声 (要ドック)、HDMI またはコンポジットビデオ出力 (要ドック)。ポートは3.5mm ヘッドホンジャックと コネクタポート (iPodでいうドックコネクタ)。


マイクロソフトの仕様表はこちら( pdf)。ただし容量と再生時間や動画形式などいくつかあやしいところもあります。


アクセサリは左が Zune HD AV Dock (ドック、リモコン、ACアダプタ、ケーブル)、右がZune HD AV & Power Pack (ケーブル、ACアダプタ)。価格はAV Dockが強気の 89.99ドル、AV & Power Packが49.99ドル。せめてコネクタポート - HDMIケーブルの単品を安く用意してほしいところです。

Read - Zune HD AV Dock
Read - Zune HD AV & Power Pack