iPhone OS 3.0の目玉機能であるアプリ横断検索Spotlightに、削除したメールまで検索できてしまうというバグが発見されました。メールアプリ上で削除してもSpotlightのキャッシュに残り続けている模様。POP / IMAPを問わず再現します。どれだけのあいだ古いメールが検索できるのか正確なところは不明ながら、バグを発見したMatt Janssen氏によれば3、4ヶ月前のものまで見れたとのこと。続きには、そのJanssen氏の解説動画を掲載。秋ごろと噂されるiPhone OS 3.1に期待しつつ、しばらくは人にiPhoneを見せるのを控え、「iPhoneならSafariでウェブメールも楽々!」と喧伝するに留めましょう。