シャープからフォトフレームになるタッチスクリーン固定電話 インテリアホン

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年08月20日, 午後 10:08 in digital photo frame
0シェア
FacebookTwitter


すっかり認知度の高まったデジタルフォトフレームに、シャープから電話機一体型という新顔が登場しました。名前はインテリアホン。なによりの特徴は親機に大型の液晶タッチパネルを搭載していること。大きさはワイド7型、解像度は800x480です。対応メディアはSDカード / SDHCカード、メモリースティック / メモリースティックPRO。画像の一覧表示やスライドショー、カレンダー、時計など標準的な機能を搭載します。赤外線通信機能もあり、対応する携帯電話やデジカメからワイヤレスでデータの送信が可能です。

電話としてもタッチパネルを生かした作りになっており、電話帳に写真を最大6件まで登録することでワンタッチ発信ができるほか、着信時に相手の写真を表示することも可能。また、相手の名前を音声で知らせる「誰からコール」、15分まで遡って会話を録音できる「戻って録音」といった機能を備えます。ファクス機能もあり、受信データを画面で表示、メモリーカードに保存できるほか、メモリーカード内のJPEGデータを送信することも可能。全面タッチパネル化の波が固定式電話にまで、という言い方もできそうです。

型番はJD-7C1CL/CW。色はホワイトとブラック、発売は来月25日です。オープンプライスですが量販店では子機1台のCLが3万円くらい、2台のCWは4万円くらいになるようです。次はchumby互換でお願いします。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: digital photo frame, DigitalPhotoFrame, interior phone, InteriorPhone, phone, sharp
0シェア
FacebookTwitter