クリエイティブ Zii EGG、まもなく出荷開始

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年08月25日, 午前 11:52 in creative
0シェア
FacebookTwitter


自称「世界初のハンドヘルド幹細胞コンピュータ」こと Zii EGGはまもなく出荷がはじまるようです。Zii EGGはクリエイティブ傘下の ZiiLABSが開発したプロセッサ ZMS-05 を採用する ハンドヘルド端末。幹細胞 (StemCell) コンピュータの名はDNAコンピュータ的な意味ではなく、デュアルARMコアに24基のプログラマブルなProcessing Elements (PE)を組み合わせることでさまざまな用途に柔軟に対応する「Zii」チップを載せていることから。

ZiiLABSから予約登録者に送られたメールによれば、今月末にも最初の出荷が始まる見込みとのこと。正確には開発プラットフォーム Plaszma SDKのスターターキットが US399ドル、32GB版のZii EGGが「無料」で付属というかたちです。初期出荷組には無料のHDMI出力ケーブルも付属。コンシューマー向けではなくOEMや開発者向けプラットフォームの位置づけではありますが、仕様は10点マルチタッチ画面に1080p 再生やOpenGL ES対応、256MB RAMに 32GB 内蔵ストレージ、802.11b/g WiFi、Bluetooth v2.1+EDR 、GPS、3軸加速度センサ、音声はX-Fi、SDカードスロット、背面のHDカメラと手前側のデュアルカメラなどヤケ気味に豪華 (でもWWANはなし)。

Opera ブラウザなどを搭載した独自のPlaszma OSのほか Android にも対応しており、自分でいじれる機械としては非常に魅力的です。続きにはデモ動画 2本を再掲。コンシューマー向け製品としての登場予定は不明です。



概要解説。


OpenGL ESの3D描画と加速度計によるモーション操作ゲーム。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: creative, zii, zii egg, ZiiEgg, ziilabs
0シェア
FacebookTwitter