9月1日 (国内は3日) からの正式発売を前にして、薄型の新プレイステーション3 CECH-2000がさっそく分解されています。下手人はアップル製品やゲーム機などの最速分解でおなじみの iFixit。一般向けの分解ガイドではないと但し書きしてあるものの、修理やパーツ販売のプロだけに「ここのゴム足のうらにはネジがないから剥がす必要なし」「ここでは特殊工具が必要 (購入可能)」といったコメント付きで全27ステップにおよぶ見応えのある内容です。

特に基板部分は高解像度の画像もあり、各チップの刻印もわざわざテキスト化されています (たとえばRSXは「RSX Reality Synthesizer CXD2991EGB 0916HFZ 114477」)。記事本編はリンク先へ、概要は続きに掲載した動画をどうぞ。初代との比較には日経エレクトロニクス分解班の「扇風機が入っていた!」あたりがお薦めです。