ソニーα850はフルサイズで2000ドル、α550 / α500も登場

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年08月28日, 午後 12:55 in alpha
0シェア
FacebookTwitter

ソニーのデジタル一眼レフカメラ、αシリーズに新機種が登場します。新しく加わるのはフルサイズのα850、ASP-Cサイズのα550 / α500という3モデル。今のところ各国公式サイトに掲載されたりされていなかったりという状況で、日本ではまだ発表されていません。

説明書がリークしていたα850(写真)は、α900に次ぐフルサイズのフラッグシップモデル。2460万画素、3インチ液晶、ボディ内蔵手ブレ補正機能、画像処理エンジン「デュアルBIONZ」といった基本性能をほぼ引き継ぎ......というか本体サイズも含めてほぼα900のままです。わずかな変更点はファインダー視野率が100%から98%になったこと、連写性能が最大5枚/秒から3枚/秒に落ちていること。性能ダウンのかわりに、ボディ単体で$2000と価格が大幅に引き下げられています。

α500とα550はASP-Cサイズの多機能モデル。α900から引き継いだ高性能ノイズリダクション機能を備え、ISO12800まで対応。ライブビューを7倍/14倍にズームするマニュアルフォーカス確認機能が加わっています。背面には3型のチルト液晶を搭載。両モデルの主な違いは有効画素数、液晶解像度、連写性能など。A500が有効画素1230万、液晶23万ドット、最高5枚/秒であるのに対し、A550は有効画素1420万、液晶92万ドット、スピード優先モードで最高7枚/秒です。大きさは137 x 104 x 84mm、重さは597g / 599g。ボディ単体の価格はα500が$750、α550が$950。18-55mmレンズ付きはそれぞれ$100増しです。

Read - α850
Read - α550 と α500
Read - α550レビュー



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: alpha, alpha 500, alpha 550, alpha 850, Alpha500, Alpha550, Alpha850, dslr, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents