iPhoneの液晶ガラス面が破裂するという事例がここ数週間のあいだ欧州で続けて報告されています。ガジェットの破裂といえばiPodや各社ノートPCなど、バッテリーの異常加熱が原因とされることがほとんど。ただしアップルは「数件の報告を調査中ですが、今のところiPhone 3GSにおけるバッテリーの異常加熱の例は確認されていません」「iPhoneのガラスにひびが入る事例は、これまで調査したところすべて外部からの圧力がかけられたせいと判明しています」と、現時点での責任を否定しています。

なおこの2週間で8件の破裂事例が報告されているというフランスでは、さっそくHerve Novelli消費者問題担当大臣が仏アップルのMichel Coulomb氏と会談。Novelli氏は「まだ誰の責任とも言えない」と語っています。ほかに同様の事例が起きていると言われているのは米国、英国、オランダ、スウェーデンなど。欧州委員会はコンシューマ製品の安全性について情報共有を行うRAPEXシステムを用い、今後も情報収集を続ける予定です。

ちなみに実際に破裂したとされるのは、電話がかかってきたと思ったら破裂したというベルギーの例、ガラスが破裂して目に当たったというフランスの例など。iPhoneの販売台数は全世界で約2600万台。アップル側に問題があれば、人気のぶんだけ規模の大きなリコールになってしまいます。

Read - フランス官僚とアップル幹部の会談について
Read - アップルの責任否定記事1
Read - アップルの責任否定記事2
Read - ベルギー、フランスなどの破裂事例について