Startup Weekendというイベントがあります。開発者、起業家、マーケッター、アーティストなどが一同に会し、金曜の夜から日曜までの54時間でスタートアップ(起業)のネタを作るというもの。8月末には米マイクロソフトのキャンパスを借りて開催され、190人以上の参加者が15のチームに別れてアイデアを形にすべく奮闘しました。場所のせいか、うち14のチームがWindows系アプリを開発。しかし優勝したのはLearn That NameというiPhoneアプリを開発したチームでした。ビジネス系SNSであるLinkedInの情報を用い、ネットワーク内の人物顔写真から名前を当てるというゲームです。

出席者の名前を忘れたことからこのアイデアを思いついたというのは弁護士のEric Koester氏。名前が覚えられないというニーズがいかにもビジネスパーソン的です。アプリはアップルの承認を待って、$2.99で販売される予定。この話の教訓を「iPhoneアプリにビジネスチャンスはまだまだある」「失敗した経験からアプリを作るといい」「空気を読まない人間が勝つ」のどれと見るかはさておき、日本でもこのようなイベントがあると面白そうです。

Read - TechFlashの記事
Read - Startup Weekend
Read - Learn That Name