ソニー VAIO X 実機ギャラリー、X505と比較

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年09月3日, 午前 09:38 in ifa 2009
0シェア
FacebookTwitter


IFA 2009のソニー プレスイベントで発表された 薄型ノート VAIO Xの実機ギャラリーをお届けします。VAIO X は 11.1インチ画面で14mmの薄さ、700gを切る重量を実現したVAIOモバイルノート。 詳細仕様や価格はWindows 7が発売される10月の公開を予定しており、現在は試作機によるプレビューの段階です。

IFAで展示されていたモデルは Atomプロセッサと2GB RAMを搭載。OSにはWindows 7が載っていたものの、ハードウェアの詳細はブロックが掛けられていて確認できず。外観に目をやれば、薄さを強調するようなVGAポートのものすごい配置が印象的です (15ピンコネクタだけでほぼ厚みを使い切っているため、側面・底面がほぼ剥き出し)。映像出力はVGAのみ。となりには展開式のLANポートがあり、底面にはコネクタ類がテーブルと干渉して本体が浮かないように足がついています。反対側の左側面にはUSB x2とヘッドホン端子、電源ポート。ディスプレイの上方にはWebカメラ、ではなくモーションアイ。パームレストの手前側の側面にはSDとMSのデュアルスロットがあります。VAIO Xの出荷は Windows 7の発売日 10月22日から約一週間ほどあとになる予定。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ifa 2009, Ifa2009, sony, vaio x, VaioX
0シェア
FacebookTwitter