マイクロソフトがWindows phoneを10月6日に全世界で発売すると発表しました。Windows phoneはWindows Mobile 6.5をOSに採用したスマートフォンを示す新ブランド。Windows Mobile 6.5はこれまでお伝えしてきたように新機能よりもインタフェースまわりの刷新が中心のアップデートですが、すでにベータ公開中のクラウド同期サービス My Phone や、今秋登場予定のアプリストア Windows Marketplace for Mobile がOSの脇を固めることになります。もっとも、My Phone / Marketplace for Mobile とも Windows Mobile 6 / 6.1向けバージョンが提供される予定。あとはどんな端末が出るかです。

ちなみにWindows phoneを提供するパートナーとして日本のキャリアで名前が挙がっているのはNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、ウィルコム。イーモバイルの名前がありません。また、アジア地域で提供予定のメーカーはAcer、HTC、LG、サムスン、ソニーエリクソン、東芝。こちらはシャープの名前が見当たず、ウィルコム端末をどこが作るのか気になります。

[Via MobileTechWorld]