海外で先行していたXbox 360の価格改定が国内でも発表されました。従来 3万9800円で販売されていた上位 SKU Xbox 360 エリート (120GB HDD)は、9月10日から白い新パッケージで 2万9800円に。新パッケージでは同梱アクセサリが変更されており、従来のHDMIケーブル & D端子HD AVケーブルのかわりにコンポジット AVケーブルのみが付属します。2005年に「ハイデフ・エンターテインメント」を掲げて以来 HD / SD出力ケーブルを付属させてきたXbox 360ですが、後発の廉価版アーケード、あるいは約6万円の初期60GBモデルから3日発売の薄型まで一貫してSDケーブルのみのPS3とおなじく、HD出力は自分で選ぶ別売りに相成りました。

また9月10日以降、現行の通常版 Xbox 360 (60GB) は2万9800円からオープン価格となり在庫かぎりで販売終了となります。HDDのかわりにフラッシュメモリの付属するエントリーモデル アーケードは1万9800円のまま。ただし512MBメモリーユニットが5250円から3150円へ、60GB HDDユニットと3か月分のXbox LIVEゴールド権やゲームの付属した「LIVEパック」は1万1550円から9975円へ微妙に値下げ。

また従来パッケージのエリートも在庫かぎりで一万円値下げとなります。Xbox 360は通常のHDMIケーブルが使えるものの、音声だけを 光デジタル S/PDIFで引き出すためには黒箱エリート付属または「Xbox 360 HDMI AV ケーブル」(別売り 5250円!)に同梱されるオーディオアダプタケーブルが必要 。音声だけ別のシステムに接続したいけれど HDMI出力先の機器で分岐できない事情があるかたは黒いパッケージを探した方が幸せになれます。