動画:折り畳んで携帯できる軽量電動バイク YikeBike

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年09月4日, 午後 05:45 in transportation
0シェア
FacebookTwitter
Electric folding YikeBike looks slightly ridiculous, totally practical

YikeBikeは世界初の軽量電動折り畳みバイクを謳う乗り物です。写真ではどちら向きに乗ればいいのか迷ってしまいますが、大きなタイヤが前になります。サドルのまわりにある曲線がハンドルとブレーキなので、だらりと腕を下げて操作する形です。最高時速は20km/h。電子制御式アンチスキッド・ブレーキを搭載しており、スムーズな操作が可能との話。内蔵バッテリーは80%の充電で20分走行可能。走行距離でいうと最大で8kmくらい。充電は30分以内に完了します。

あまりに無防備なデザインのためセグウェイ以上に乗りこなしに不安を覚えそうですが、操作性には自信があるようで、いわく「ほとんどの人は数分で乗り込なせ、10分も経つと笑いが止まらなくなる」。ライダーは160cmから195cm、100kgまでという想定です。

また、小型に折り畳めるのは大きな売り。バッテリーが切れたら持って歩けばいいじゃない、というのは他の電動バイクにない強みでしょう。折り畳み時のサイズは150 x 600 x 600 mm未満。重さはバッテリー込みで10kg未満、折り畳みにかかる時間は15秒未満です。車と違って渋滞に巻き込まれない、駐車場に困らない(持ち歩くから)、自転車と違って盗まれない(持ち歩くから)というアピールは続きに掲載した動画で存分に見ることができます。

なんだかはっきりしないスペックからも分かるとおり、YikeBikeは今のところまだプロトタイプの状態です。開発するYikeBike社によれば最初の100台を2010年前半から中頃、欧州を中心に販売する予定。価格は3500から3900ユーロということですので、いまの為替レートだと40万円強になります。ちなみに公道を走れるのかという最重要問題については、認証を得るため現在調整中。また広告動画にはまったく出てきませんが、同社はヘルメット着用を推奨しています。

[Via WOW-POW]



 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: transportation, yikebike
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents