iPodの新製品が発表された場合、既存機種が辿る運命はシリーズ内のエントリー向け低容量版として延命するか、あるいはディスコンになるか。アルミクリップの第2世代 iPod shuffle は VoiceOver対応で選曲ボタンがない第三世代の登場後も一時的に併売されていましたが、「It's only rock and roll」イベントで発表された3G shuffle メインストリーム化( 2GBモデル追加、多色展開)を受けて、1GB / 2GBともに北米市場でも姿を消すことになりました。

日本アップルストアでは、現在 第2世代shuffleの1GB リファーブ品が各色4700円、旧モデル新品ではPRDUCT (RED)スペシャルエディションが 1GB 5800円、7400円で販売中。なんらかの事情で2Gが欲しいかたは在庫がなくなる前に確保しましょう。そのほかのiPodファミリ製品では、サイズは同一なのに中身激変の5G登場で型落ちになった4G nanoが整備済み8GB 1万800円、16GB 1万2800円で期間限定販売中。中身が旧式の iPod touch 16GB / 32GBもいまのところは在庫ありになっていますが、いつまで買えるかは分かりません。