省エネブームで注目を集める家庭用LED電球に、シャープに続いてパナソニックが参入します。ブランド名はEVERLEDS(エバーレッズ)。販売中のオフィス用、屋外用LED照明と同じブランドです。電球というよりは電「半球」というようなかたちで、ダウンライトとして天井に埋め込んだときに力を発揮するデザイン(埋め込まないとあまり力が発揮できないデザイン)になっています。

発売されるのは計8種類。E26型の一般電球タイプはダウンライト器具使用時で「40形相当 / 60形相当 / 60形相当+調光器対応」の3モデルがあり、それぞれ「電球色相当 / 昼光色相当」の2色が選べるため6種類。E17型の小形電球タイプは「40形相当+調光器対応」のみ、「電球色相当 / 昼光色相当」の2色で2種類、という内訳です。

同社いわく、一般電球タイプはLEDとして業界最軽量、長さ・外径も業界最小サイズ。昼光色相当・一般電球タイプは業界ナンバーワンのエネルギー効率で、この明るさの小型電球タイプは業界初とのこと。

ダウンライトの60形電球を相当するLED電球に起きかえた場合、節約できる電気代は年間約2000円。一般電球タイプで約4万時間、小型電球タイプで約2万時間という長寿命もLEDならでは。しかしこれだけ長寿命になると、他社も早く参入しないと一度買った人はなかなか買い替えてくれなさそうです。発売は10月21日。

Read - プレスリリース
Read - 製品サイト