Xbox 360 に 802.11n対応 純正Wi-Fiアダプタ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年09月15日, 午後 03:20 in 802.11n
0シェア
FacebookTwitter


先日正式規格として承認されたばかりの 802.11n 対応製品 「Microsoft Xbox 360 Wireless N networking adapter」が米FCCで見つかりました。名称およびMIMOっとしたデュアルアンテナ、リンク先の各種試験結果が示すのは、Xbox 360用の外付け 802.11n 無線LANアダプタ製品 (そのまま)。

マイクロソフトは外観写真やユーザーマニュアルについて短期の非公開を求めているものの、ラベル位置を報告する一枚では現行のワイヤレスLANアダプタにアンテナが増えたようなハードウェアが映っています。Xbox 360は最新世代の据え置きゲームで唯一 有線LANポートしか標準では備えていない製品 (PS3も旧モデルでは無線LANなしが存在したため厳密には「現行SKUで唯一」)。しかも純正アダプタは税込み 8925円(!) という、いっそ清々しいほどの割高感で有名です。

ゲーマー的には干渉や遅延の要因となる無線LAN接続など論外、音声チャットや多人数オンラインゲームが多いXbox 360では有線接続が当然という主張は一面の真実ではあるものの、さらに広い層へと拡大したいゲーム機としては誰もがリアルタイム性の高いオンラインアクションゲームを遊ぶわけではなく、本体の設置場所近くにLANケーブルを引けるとも限りません。というわけで、N対応アダプタには2倍以上の速度とWPA2対応はもちろん、もう少しまともな価格設定を期待したいものです。なお、単にXbox 360を無線でつなぎたいだけでパフォーマンスに拘らないのであれば、いわゆるLANポートのある無線LAN子機・イーサネットコンバータが2000円台くらいから手に入ります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 802.11n, microsoft, xbox 360, Xbox360
0シェア
FacebookTwitter