Android 1.6公式発表、対応端末は10月にも登場へ

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年09月16日, 午後 04:30 in android
0シェア
FacebookTwitter

Googleが主導するモバイルプラットフォーム Android のバージョン1.6 が公式に発表されました。対応する開発ツール(SDK)もWindows / Mac / Linux版が公開されています。

Andorid 1.6は7月に公開された開発ブランチ"Donuts"がベースとなったもので、数字上は現行バージョン1.5から0.1増えただけながら、クイックサーチボックス(ユニバーサルサーチ)、カメラの高速化、アプリストアAndroid Marketの刷新、音声読み上げ機能、ジェスチャコマンド、対応する解像度の拡大、CDMAサポートなど、充実した内容になっています。ベースとなるLinuxカーネルは2.6.27から2.6.29へ。一方で公約どおり、マルチタッチ対応は見送りです。

Android公式ブログでは今後数週間に渡って、新機能についての開発者向け情報を掲載していく予定。もちろん既存のアプリも原則的には1.6で動きます。また公式ブログによれば、Android 1.6搭載端末は10月にも登場するとのこと。日本の冬モデルではドコモだけでなく、せっかくのCDMA対応なのでAUからも製品を出して欲しいものです。続きには公式解説動画を掲載しています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, android 1.6, Android1.6, donuts, google
0シェア
FacebookTwitter