パナソニックからLet'snoteの冬モデルが発表されました。ハンドル付き14.1型ワイドのF8、12.1型ワイドで光学ドライブ内蔵のS8、12.1型ワイド・ワンスピンドルのN8、10.4型のR8という4シリーズ。液晶のワイド化に伴ってW8はS8、T8はN8とシリーズ名が変更になっています。いずれもメモリは2GBで夏モデル継続、HDDは250GBと強化されました。またR8以外ではWiMAXを標準搭載しています。OSはWindows 7 Professional、Windows XPダウングレード権つき。

まずは新シリーズから。S8 / N8は従来のW8 / T8の12.1型ディスプレイがワイド化したもの。いずれも解像度はWXGA(1280x800)、CPUは Core 2 Duo P8700(2.53GHz)。標準バッテリで16時間動作します。S8は1320g、N8は1265g。価格はS8が20万円くらいから、N8は19万円くらいから。

F8はCore 2 Duo SU9400、WXGA(1280x800)解像度といった夏モデルの特徴を継続。ほかはWiMAX搭載やHDDの増強など基本仕様の変更に留まっています。標準バッテリーで10時間動作し、1650g。24万円くらいから。

R8はCPUがCore 2 Duo SU9600と強化されました。解像度は新シリーズで唯一の4:3となるXGA(1024×768)継続。標準バッテリーで8時間動作し、930g。18万円くらいから。

店頭販売モデルではS8のみブラックモデルもあり。また、N8以外にはOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007搭載モデルが用意されています。発売はWindows 7とおなじ10月22日。ただしS8のブラックモデルとR8は11月20日の発売です。直販モデルではCPU / HDDを強化しただけでなく、64bit版Windows 7を搭載。ワイドじゃダメなんだという人のために付け加えると、法人モデルではW8 / T8の販売も継続されています。

Read - 店頭販売モデルのプレスリリース
Read - 直販モデルのプレスリリース
Read - 製品一覧・比較表