いまや生活に欠かせない存在の......と形容するのも今更なほど普及した携帯電話ですが、その携帯電話に欠かせないのがアンテナです。そして、そのアンテナに欠かせないのが電力。しかし世の中には電力網がまともに整備されていない地域もあり、そのような場所ではディーゼルエンジンで発電してアンテナを動かしています。

そんな中、アンテナ用に風車を作って電力を供給しようとしているのがHelix Wind社です。今月中にもナイジェリアで風車を作り、電話網を整備しているEltek Network Solutions Groupへ電力を提供する予定。来月には米国でも試験を行う計画です。

風力発電はクリーンでメンテナンスフリー、という評価に異論のある方もいるかもしれませんが、ディーゼルエンジンよりは進歩でしょう。無風状態が続いたときが心配ですが「急ごう、風が止む前に」などと携帯電話でやりとりするようになると思えば、それはそれで面白そうではあります。

[Via Inhabitat]