ソニースタイルでティーザー展開&エントリー受付中の VAIO XシリーズもCEATEC 2009に出展されています。9月のIFAで初披露された VAIO Xは、11.1型ワイド画面で 厚さ 14mmのフルフラットボディが特徴のモバイルVAIOノート。薄型ながらスタミナバッテリーも売りとしており、IFAでは「一日中さらに夜まで」「バッテリースタミナの新基準を作る」となんとも野心的な表現でした。

CEATECではまだ「参考展示」扱いのため詳しいスペックなどは公表されていませんが、注目のバッテリーについてひとつ新情報がありました。解説によると、まる一日使える大容量バッテリーも別売で用意。つまり「まる一日」はでっぱる大バッテリーでの数値だった / になったようです。フルフラット体型を保つことができる標準バッテリーでは、具体的な数字は明かせないものの、「一日」と表現できる時間たとえば朝から夕方までには及ばないだろう、とのこと。

IFAでは「フルフラット14mm、まる一日バッテリー (※ただし両立しません)」の後半を言い忘れてしまったのか、あるいはより高速で消費電力の高いプロセッサを採用したことで変更されたのかetcは不明。少なくとも、「......も別売で用意」だけ小さな字で書いてあったりはしません。VAIO Xシリーズの正式スペックは近日中に発表される見込みです。