ソニー VAIO X国内発表、大バッテリー別売りで8万9800円から

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年10月8日, 午前 11:25 in sony
0シェア
FacebookTwitter


ソニー VAIO Xシリーズが国内でも正式発表となりました。国内版オーナーメードモデルの仕様・価格は Atom Z520 (1.60GHz)プロセッサ、64GB SSD、Bluetooth / WiMAXなし、「Sバッテリー」(※後述)のみ付属で8万9800円。CPUとストレージをZ550 ・128GBに、バッテリーを「L & X」に、Bluetoothを付けると13万4800円。さらに256GB SSD と WiMAX搭載にした場合は16万4800円。WiMAXのかわりに選べる内蔵WWANは下り7.2Mbps HSDPAのドコモFOMA HIGH-SPEED。

米国版では3時間 (3.5時間) 駆動の標準バッテリーと12時間 (14時間)駆動の大容量バッテリーの双方が付属して1300ドルからであるのに対して、国内向けではJEITA規格(1.0) 計測の公称で約5時間駆動のSバッテリー、約10時間のLバッテリー、約20.5時間駆動のXバッテリーの3種類が用意されます。Sバッテリー / Lバッテリー装着時の厚みは13.9mm、奥が立ちあがるXバッテリーでは最厚部 31.7mm。装備重量は S / L / Xの順に655g、745g、1045gとなっています。20.5時間と12時間の差は計測方法。キャッチコピーは「余分はいらない。十分がほしい。」

液晶ディスプレイは白色LEDバックライト。u'v'色度図による面積比でNTSC比 100%の高色域 (≠ カバー率100%)。表面はアンチグレア加工&傷を抑えるハードコーティング処理。

店頭販売仕様はPATA接続の64GB SSD。128GB / 256GB SSDはオーナーメードのみ。



外観はVAIO X実機ギャラリー、詳細仕様は発表記事を参照

エーックス!
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: sony, vaio, vaio x, VaioX
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents