8月に発表されていたロジクール「Darkfield」マウスの国内発売日が10月30日に決定しました。新開発の「Darkfield」レーザートラッキングは、これまで不可能だった透明なガラス面(4mm厚以上) や高光沢素材の上でもマウスが使える技術。具体的には暗視野検鏡法 (dark field microscopy)により、ガラス表面の微細な粒子や傷に当たって拡散した光を検出します。

10月30日に発売される製品はフルサイズの「ロジクール パフォーマンスマウス M950」、コンパクトな「エニウェアマウス M905」の2種類。両機種ともホイールはカチカチクリックと慣性で超高速回転の切り替え可能な革命ホイールを採用します。またロジクール / Logitech製品としてはじめて、倒す量によって左右へのスクロール速度が変わるフォースセンシング式 チルトホイールになっているのも特徴です。無線接続には複数の対応ロジ製品をひとつで接続できる「Unifying」対応ナノUSBレシーバ。

両機種の違いは大きいM950がサイドボタンよっつで単三充電池 x1採用 (microUSB有線で使用中充電可能)、小さなM905がサイドボタンふたつで単三電池 x2本使用など。ロジクールストア価格はM950が1万2800円、M905は8980円。