富士通の冬モデルではLOOX C以外にも、いくつかの新シリーズ / 新デザインが発表されています。

まずはタッチパネルを採用した液晶一体型のFシリーズ。液晶は20型ワイドか23型ワイドで、Windowsタッチに対応しています。基本仕様はCore 2 Duo P8700(2.53GHz) / 4GBメモリ / Office Personal 2007。モデルによりHDDが500GBだったり1TBだったり、ハイビジョンチューナーが付いたり画像処理エンジンDixel HDが搭載されたり、スーパーマルチドライブがBlu-rayドライブになったり。スノーホワイト / エスプレッソブラック / ルビーレッドの三色展開で、価格は16万円くらいから。

ノートPCではMTシリーズがタッチパネルを採用しました。12.1型ワイド液晶を搭載しており、折り畳めばタブレットPCとしても使えます。基本仕様はCeleron 900(2.2GHz) / 2GBメモリ / 320GB HDD / スーパーマルチドライブ / Bluetoothなど。重さはスーパーマルチドライブなしで1.89kg、ありで2.06kg。価格は15万円くらいの予定です。

いずれも発売は10月22日です。