アマゾンの電子ブックリーダー Kindleはつい先週から日本を含む100か国以上で購入可能になったばかりですが、続いて大型のKindle DXにも同様のインターナショナル版が投入されることが明らかになりました。米アマゾンのDrew Herdener氏がコメントしたもので、発売は「来年のいつか」。米国版で489ドルという価格が国際版でどうなるかはについてはコメントがないものの、Kindleにならうならば $20ばかり高くなるはず。今のところは価格を含め詳細不明です。インターナショナル版(=米国以外でも通信が可能な英語版)の位置付けについてはKindleインターナショナル版の記事を参照。

おさらいをしておくと、Kindle DXは9.7型の大型電子ペーパーディスプレイを採用した電子ブックリーダー製品。解像度は1200 x 824。ストレージが4GBに拡大し、重さは約525g。そのほかは通信機能を含めて6インチのKindle とほぼ共通。基本的には大きくなっただけですが、縦持ちと横持ちを自動で切り換えることができます。詳しくは発表時の記事実機ギャラリーとビデオ米大学が導入してみた顛末をどうぞ。