ゲーマー向けフルHD液晶として定番の三菱 VISEO 24インチにまた新型が加わります。新製品 MDT243WG II は、ブレ軽減のMP ENGINE IIや多彩な入力系統といった仕様をそのまま新たに超解像技術に対応したモデル。23型のDiamondcrysta WIDEにすでに搭載されている超解像技術は、低解像度ソースを拡大した場合などのボケを補正してシャープな画面を表示します。超解像はオフから100%まで10段階で調節でき、各モードやプリセットごとに設定を保存可能。PinPの子画面にのみ適用といったことも可能です。遅延がほぼない (フレーム単位未満)なのもポイント。

また今回からの特徴として、超解像やコントラスト補正、階調補正など高画質化処理のため専用のLSI 「ギガクリア・エンジン」を載せています。縦がちゃんと1200あるWUXGA、応答速度 6ms ・動画応答速度 10ms、ダイナミックコントラストでも2000:1、HDMI x2にくわえてDVI-D、D5対応D端子、コンポジット・Sビデオ入力、リモコンつきといった点は既存モデルと同様。MDT243WG IIは10月28日から、オープン価格・予想10万円前後で発売です。