先日ついに「開いたところ」が公開されたデル adamo XPSにまた新情報が小出しされています。リンク先BusinessWeekの記事Dell's Extreme Makeoverはマイケル・デルが取り組む改革とコンピューター産業全体の変化を扱ったものですが、4ページめの末尾近くでデルの挑戦を象徴するマシンとして触れられているのがAdamo XPS。

厚さ9.99mmの世界最薄ノートであり、どう安定するのかしないのか謎のすごい開き方をする、というほかの新情報は:
  • 感熱式ラッチの採用。薄すぎてメカニカルなラッチや指をひっかけるマージンがなかったのか、感熱式の帯に指を滑らせることでぱかっとオープンする仕組み。iPhoneや薄くなる前のPS3的な接触センサーを使っているようです。
  • 正式発表は今週木曜日、10月22日。そういえばなにかの日だったような気もします。
  • 予価は米ドルで$2000ほど。
そのほかの詳細についてはあいかわらず不明のまま。14mmのVAIO Xシリーズどころかほとんどの携帯電話より薄いだけになんらかのトレードオフは避けられないとして、PCとしての中身がますます気になるところです。