デルの9.99mmノート Adamo XPS、 ついに正体判明

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年10月23日, 午前 03:49 in adamo
0シェア

ノートPCとは思えない薄さだけが伝わる「閉じたところ」、真横からで画面もキーボードも見えない「開いたところ」とチラ見せを続けてきたデル Adamo XPSがようやく正体を現しました。以前の画像では奇っ怪なヒンジと足の位置から「ディスプレイ部を下に、キーボード部を立てた倒立状態の写真だ!」という誰得な珍説すら飛び出しましたが、ごらんのようにキーボードが傾いた状態で立つのが正解です。

コンシューマー部門の責任者にインタビューしていたBusinessWeek情報では22日に発表とされていたものの、デル広報によれば本日中の発売・詳細発表はなし。誰もが気になる「これで安定するの?ひざに載せて使えるのか??」については、どこからともなく聞こえてきた話では「ひざの上でも驚くほど安定して使えます」。おなじくどこからとも(略)によれば、閉じた状態ではキーボード部分がぴったりと一体化しているため、例のタッチセンサーストリップに指を滑らせることではじめてぱかっと開けるようになります。ようです。

薄さ9.99mmという数字が吹っ飛んでしまう傾奇スタイルだけで購入決定というかたはともかく、次の注目はPCとしての中身・価格設定・販売スケジュールなど。こちらも遠からず判明しそうな雲行きです。

追記:pcmag記事のリンクを追加。ひざの上で~のソースはpcmagではありません。念のため。

追記2:laptopmagがデルのAlex Gruzen氏に聞いたところでは、「Atom機ではない」。またこのデザインにもかかわらずバッテリーはユーザー交換可能とのこと。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: adamo, adamo xps, AdamoXps, dell, dell adamo, dell adamo xp, DellAdamo, DellAdamoXp, net book, NetBook, ultra light, ultra thin, UltraLight, UltraThin, ulv, xps
0シェア