Raytheon deploying Android-powered RATS on battlefields in Afghanistan and Pakistan

アンドロイドを戦場に投入する......SFじみた話に聞こえるかもしれませんが、ここでいうアンドロイドとはGoogleのモバイルプラットフォーム Android のこと。軍需製品メーカーの米Raytheonが、Androidで動作する戦場用アプリを開発しています。その名もRaytheon Android Tactical System 略して RATS。このネーミングセンスはいかがなものかと思います。

RATSの基本機能は、戦場の仲間や無人偵察機の位置を地図上で追跡できるというもの。Google Latitudeみたいなものでしょうか。敵の端末を奪えばメタルギア・ソリッドごっこができそうです。ほかにも偵察機のカメラ映像を見たり、不審物の写真や映像を撮影して仲間や本部に転送したり、あるいは端末内蔵のカメラで指紋を撮影して施設の個人認証がわりにしたり。あとはTwitterやIRCと連携してくれれば、鬼ごっこアプリとして言うことなし。

なぜAndroidなのかというと、ずばり安く作れるから。こうした軍用端末は一台あたり数百万円ということも珍しくありませんが、Androidベースであれば数万円程度での提供も可能とのことです。ただし実用化の時期は未定。ミニマップを見ながらの戦闘はFPSあがりの兵士にぴったりかもしれませんが、iPod touchスナイパーには気をつけましょう。