7月22日のRTMから3か月、ついにWindows 7のDSP版&パッケージ版の販売が始まりました。写真はジャパニーズスタイルで鏡割りに臨むWindows部門プレジデント スティーブン・シノフスキー氏。すでに製品版のダウンロードもライセンスの購入も可能となっていましたが、一般向けの店頭販売は本日から。これからアップグレードを考えるというかたはまずエディションと価格リスト を参考に。目安は「エディション?」という人にHome Premium、違いが分かるユーザーにはProfessional、「とりあえず全部入りくれ」という訓練されすぎた皆様はもちろんUltimate。現在の環境からアップグレードには早分からないチャート(&改訂版 早わかりチャート)。基本はVistaなら環境をそのままアップグレード (2時間から場合により20時間+)、XP以下からはバックアップしてクリーンインストール。そもそも7にしてどう嬉しいのか?はマイクロソフトによるシンプルな毎日ご提案でがっつり教えてくれます。