Psystar、一般PCにMac OS XをインストールできるRebel EFI を公開

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年10月26日, 午前 09:54 in apple
0シェア
FacebookTwitter


Mac OS X (も) インストールできる互換機メーカーとしてアップルと抗争を続けている Psystarが、今度は一般ユーザー向けのソフトウェア販売に乗り出しました。Psystarのオンラインストアでダウンロード公開されたのは、OS X (を含む複数のOS)をインテルベースの一般PCにインストールできるソフトウェアRebel EFI。Snow Leopard (を含む各種 OS )に対応した独自ブートローダ Darwin Universal Boot Loader (DUBL) により、アップル製でない普通のPCをたとえば OS X / Windows 7 / Linux のマルチブートマシンに構成できます。

対応するのはCore 2 Duo / Core 2 Quad / Core i7 / Xeon (Nehalem世代) などインテルCPUを載せたPC。Rebel EFIそのものは isoイメージで提供されており、焼いたメディアからブートして OS X (あるいはほかのOS) のインストールメニューを選択する仕組みです。一部ハードウェア機能制限と2時間の時間制限がついたトライアル版がダウンロードでき、Psystarから有償でフルバージョンライセンスを購入すれば永続的に利用可能。価格はいまなら49.99ドル、「定価」90ドル。

いわゆるHackintoshのワンストップインストーラといったところですが、OS Xのアップル的にはどう考えても見逃しそうにない非ライセンスソフトです。なお、訴訟の応酬を続けてきた Psystarとアップルは法廷外での和解を目的に今後交渉を持つ予定。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, efi, mac os x, MacOsX, os x, OsX, psystar, snow leopard, SnowLeopard
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents