VAIOシリーズ付属のACアダプタに絶縁不良につながる不具合が見つかり、無償交換対応が告知されています。対象となるのは2005年10月発売のtype BX用ドッキングステーションからtype L LT/LN/LM、typeJ JSなど6シリーズ27機種に付属していたACアダプタ VGP-AC19V17。

ソニーいわく「ACアダプター内部の温度上昇により絶縁テープの粘着力が低下し、電源ON/OFFに伴う発熱/冷却の繰り返しによる内部部品の膨張/収縮によって、絶縁テープが本来貼り付けされているべき位置から徐々にずれてしまい、絶縁不良に陥」るのが原因。絶縁不良が発生した場合、短絡して家庭のブレーカーが落ちる、ACアダプタやPCに触れて感電する、機器内部が焼損する可能性があります。

現在までソニーが把握しているのはブレーカーが落ちた事例 4件。感電などの報告はなし。写真のACアダプタや対象機種に心当たりのあるかたはリンク先へ。