ソフトバンクからもSnapdragon採用の東芝dynapocket登場、型番はX02T

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年11月10日, 午前 11:56 in snapdragon
0シェア
FacebookTwitter

ソフトバンクからはスマートフォンがもうひとつ、東芝製のdynapocketことX02Tが発表されました。800 x 480解像度の4.1型タッチパネルを搭載しており、1GHzの高速CPUであるSnapdragonを採用。X01SC同様にOSはWindows Mobile 6.5です。大きさは70 x 130 x 9.9 mm、重さは129g。要するにドコモ T-01A のソフトバンク版です。

そのほかの仕様を並べるとBluetooth / GPS / WiFi対応、カメラは320万画素、モーションセンサー内蔵、外部メディアはmicroSDHCなど。メディアブラウザ KinomaPlayもプリインストールされており、ますますT-01Aそのものという感じ。発売は12月中旬以降です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: snapdragon, softbank, windows mobile, windows mobile 6.5, WindowsMobile, WindowsMobile6.5, x02t
0シェア
FacebookTwitter