Texas Instrumentsが腕時計型の組み込み開発キット eZ430-Chronosを発表しました。TIの組み込み向け超低消費電力マイコン MSP430は性能とラインナップの充実からさまざまな製品や自作系の変ガジェットまで広く活用されており、USBスティックに収まった安価な開発キット eZ430シリーズでも知られています。

今回発表された「Chronos」は MSP430に無線モジュールを統合したチップ CC430を心臓部として、3軸加速度計や温度・気圧計といった各種センサと96セグメント液晶ディスプレイを備えたスポーツウォッチ型に収めた開発キット。USBインターフェースのRFモジュールもセットになっており、資料や開発環境が手軽に揃う eZ430ベースであんなことやこんなことに活用できます。

eZ430-Chronosは無線モジュールの周波数帯ごとに433 / 868 / 915MHzの3モデルがあり、価格はいずれも49ドル。 あくまで「開発キット」の位置づけではありますが、プログラマブルで各種センサ入り、無線でPCやほかのセンサと連携する腕時計は特定層向けの強烈なプレゼントになりそうです。