ふたつのXactiが合体したようなこの妙なデザインのカメラは、California College of the Arts在学中のErin Fongさんが考えたもの。Novaという名前で、製品ではなくデザイン・コンセプトです。右利きでも左利きでも同じように扱え、撮影と設定を並行に操作できるのが特徴とのこと。ふたつのハンドルは回転させてまとめることもできます。

気になるのは、ただのデジカメではなくDSLR(デジタル一眼レフ)を名乗っていること。レフ機構を備えているのか、ただレンズ交換ができるという意味なのか、なんとなく名乗ってみただけなのか謎です。ハンドル側ではなくレンズ側でピント合わせをしているような写真もあり、腕が二本では足りないような気もします。続きに写真をもう一枚掲載。こちらには思いきりメーカー名が描かれているような気もしますが、コラージュ作業で残ったものか、本人の趣味なのかは不明。ちなみにFongさんはインターン先を探しているそうです。

[via Engadget Spanish]