iPhoneにどう見ても無理めのレンズを取り付けるアクセサリは製品としても販売されていますが、ダクトテープが眩しいこちらはやっぱりユーザーの手作りModです。外見的には滑稽な非実用品ながら、製作の動機はプロ向けカメラに使われる光学系を学ぶため、光学カプラを自分で作ってみたかったから (作者Bhautik Joshi氏の本業はILMのリサーチエンジニア)。

リンク先の製作記もジャンク光学ドライブのレーザーピックアップレンズを重ねて接着剤で「紙巻き」して使う、PVCパイプのねじ込み式ジョイントで距離を微調節などなど、ガムテでくっつけただけではないまじめな実験風味となっています。キヤノンのEFレンズを使った実際の撮影結果は続きに掲載。すさまじいアーティファクトが見られるのも学習という意味ではかえって有意義なのかいわゆる「味」なのか、作者は満足しているようです。

SlashGear