義腕、義手などを手がけてきた英国Touch Bionics社が、世界初を謳う操作可能な生体義指ソリューション ProDigits を発表しました。基本的な仕組みは同社のこれまでの製品と同じで、筋電気センサや圧力センサを用い、体からの信号に応じて動作します。さらに、ものを適切につかむためのセンサも搭載。利用するのにいわゆる「手術」は不要で、筋肉信号や圧力に応じてどのような動作をするかは医者がワイヤレスに(Bluetoothで)設定できます。

ProDigitsではどの指をどのように補完するかカスタムメイドになっており、利用者にあった動作が可能になっています。利用者の声を転載すると、例えばMichael Baileyさんは「装着して5分間できちんと動くようになった」「まるで本当に繋がっているみたいで、まるで自分の一部分になったかのようだ」。

またMaria Antonia Iglesiasさんによれば、ProDigitsは「夢のよう」に動作し「これまでは水の入ったグラスを持つというような単純なことさえできなかった。しかしProDigitsのおかげで、簡単にできるようになった」。これまでは難しかった、字を書くことも可能になったとコメントしています。

病気や事故で指を失った人は全世界で120万人いると言われています。ProDigitsのお値段は3万5000ポンドから4万5000ポンド。日本円で500万円から650万円というのは誰もが簡単に払えるお金ではありませんが、同社は将来的に国民健康保険の対象となるよう取り組んでいくとしています。
[via Telegraph]