コペンハーゲンで開催中のCOP15、国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議にて、MITの研究者チームがインテリジェントでエコな電動アシスト車輪 Copenhagen Wheel を発表しました。コペンハーゲン・ホイールは既存の自転車に取り付けることで電動ハイブリッド化できるという車輪。一般の車輪と交換できる形状でありつつ、膨らんだハブ部分にモーター / 発電機と各種センサを乗せており、減速時には回生ブレーキで発電・高負荷時にはモーターでアシストするという仕組みです。

ハブ部分にはさらに回転数や気温・湿度・大気中の汚染物質センサおよびGPSを内蔵しており(することができ)、Bluetooth接続した携帯電話のアプリを通じてフィットネストレーナーに、あるいは大気汚染情報や交通情報を共有することで環境の改善にも貢献できる、と続きます。開発したのはMITの SENSEable City Lab。

回生ブレーキ以外に充電方法はないのか、実際にどの程度のアシストが見込めるのか、あるいは重量増加などが気になるところですが、大気センサーまで載せたお化けサイクルコンピュータに給電して都市レベルでつなげるのは楽しげなお話です。研究チームいわく、Copenhagen Wheelは「来年末にも」生産開始予定。価格については「現行の電動アシストサイクルに対して競争力のある」ものになると表現されています。エコもセンサーも要らんというかたはガソリンエンジン版の RevoPower Wheelをどうぞ。