ソニエリのドコモ向けスマートフォンSO-01B/X10a、Wi-Fi認証を取得

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年12月17日, 午後 10:37 in android
0シェア
FacebookTwitter


ソニー・エリクソンの製品 SO-01B/X10aが 12月15日付けでWi-Fi Certificationを取得しました。カテゴリーは「Smartphone, dual-mode (Wi-Fi and cellular)」。ソニエリの「X10」といえばおそらくは11月に正式発表されたハイエンドAndroid端末 XPERIA X10のこと。またSO-01Bは命名規則からしてドコモからの提供が予想されます。ソニエリはXPERIA X10の海外発表時にわざわざ「日本を含むアジアでも」発売と記しており、またドコモの冬モデルイベントでは「来春から夏にかけて出したい」とのコメントがありました。夏コレまで待たされるのか春の早い時期に発売されるのかはまだなんともいえませんが、英国版のX10は2月にも発売予定。

一方、ソフトバンクのAndroid端末は「2010年春」登場とされています。ソフトバンク端末は予告ずみの仕様からおそらく Nexus One / HTC Bravoと同等のバリエーションモデル。ソニエリ XPERIA X10のプロセッサはSnapdragon 1GHz (Nexus Oneや東芝TG01とおなじ), ディスプレイは4型854 x 480液晶 (Nexus Oneは3.7型800 x 480 有機EL)。登場時期だけでなくハイエンド仕様でも激突するライバルになりそうです。

[Thanks, K. Tamura]

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, docomo, snapdragon, sony ericsson, SonyEricsson
0シェア
FacebookTwitter