3Mがマルチタッチディスプレイ M2256PWを発表しました。22型のアンチグレアディスプレイで、解像度は1680 x 1050、そして10本指までのマルチタッチに対応します。2本指対応をマルチタッチと呼ぶ慣例に則るならば、10本指対応は3Mいわく「フル・マルチタッチ」ということになります。搭載するポートはDVI、VGA、シリアル、オーディオ入力、USB。Windows 7ではドライバ不要で利用できるほか、Windows XP / VistaやLinux用にドライバとユーティリティの提供も計画されています。

ちなみに同社は昨年から、開発者向けに19型ディスプレイを含むマルチタッチ開発キットを提供中。本ディスプレイについても開発用資料が公開される予定です。同社が想定する用途はユーザ支援インタフェース、デジタルサイネージ、ゲーム、保安モニタシステム、教育・研修など。エアホッケーミサイルコマンドに続く斬新な利用方法に期待しましょう。