家庭用3Dテレビ放送がにわかに現実味を帯びる中、DirecTVが「初めての家庭用3Dテレビ放送」を提供すると発表しました。放送は6月から。既存のDirecTV HD対応受信機が無料アップデートで3Dに対応します。対応テレビはパナソニックから発売。同社が独占パートナー、VIERAが独占対応テレビという扱いです。わざわざパートナー期間は一年と明記されているので、他社製テレビはその後ということになる模様。

提供されるチャンネルは3種類。映画やドキュメンタリー中心のペイ・パー・ビューチャンネル、オン・デマンド・チャンネル、無料の3D体験チャンネルです。コンテンツパートナーはAEG/AEG Digital Media、CBS、Fox Sports/FSN、Golden Boy Promotions、HDNet、MTV、NBC Universal、Turner Broadcasting System。

もちろんパナソニックはパナソニックで対応する3Dテレビの概要を発表。サイズは50型、54型、58型、65型の4種類で、もちろんプラズマです。こちらの詳細は春発表の予定。