ソニーがたくさんのVAIO新モデルを発表しました。ウルトラポータブルのZシリーズ、マルチメディアノートのFシリーズ、ベーシックなYシリーズ、エコなWシリーズです。

Zシリーズは13.1型・2スピンドルで重さ約1.5kgという軽さ自慢モデル。LEDバックライトディスプレイを採用し、グラフィックをスピードモードとスタミナモードに切り替えることができます。ストレージはSSDで最大512GB。WiFi(802.11b/g/n)、Bluetooth、HDMIポート付き。オプションにBlu-rayドライブ、Verizonの3Gモデムなど。今春発売、価格は1900ドル前後です。

Fシリーズは16.4型のCore i7採用・2スピンドルモデル。ディスプレイ解像度は1600 x 900か1920 x 1080、最大640GB HDD / 512GB SSD、最高8GBメモリといった仕様です。WiFi(802.11b/g/n)、モーションアイカメラ、Bluetooth、HDMIポート、メモリースティックPROスロット、SDカードスロット、ExpressCard/34スロット付き。オプションにBlu-rayドライブ、TransferJet、バックライト付きキーボードなど。標準バッテリーで3時間、大型バッテリーで4.5時間動作。重さは約3.13kg(標準バッテリー時)。米国では本日より予約開始、価格は1000ドルくらいから。

Yシリーズは13.3型の1スピンドルモデル。主な仕様はLEDバックライト付きディスプレイ(1366 x 768解像度)、Core 2 Duo SU7300(1.30GHz)、最大500GB HDD、標準4GBメモリ。WiFi(802.11b/g/n)、モーションアイカメラ、Bluetooth、HDMIポート、メモリースティックPROスロット、SDカードスロット、ExpressCard/34スロット付き。標準バッテリーで8時間、大型バッテリーで12時間動作。重さは約1.77kg(標準バッテリー時)。米国では本日より予約開始、価格は800ドルくらいから。

Wシリーズ(写真)は10.1型で再生プラスチックを利用した1スピンドルのエコモデル。リサイクル・ペットボトルから作られたケース入りで、梱包に段ボールを使用しません。主な仕様はLEDバックライト付きディスプレイ(1366 x 768解像度)、Atom N450、250GB HDD、1GBメモリ。WiFi(802.11b/g/n)、モーションアイカメラ、Bluetooth、メモリースティックPROスロット、ExpressCard/34スロット付き。OSはWindows 7 Starterです。内蔵バッテリーは約8時間動作。重さ約1.34kg。米国では本日より予約開始、価格は500ドルくらいから。

Read - ZとFのプレスリリース
Read - Wのプレスリリース
Read - Yのプレスリリース