横持ちXactiも薄型化、フルHD対応 & 動画30倍ズーム搭載

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年01月8日, 午前 01:00 in sanyo
0シェア
FacebookTwitter

Xactiスタイルの最小・最軽量Xacti VPC-CS1だけでなく、ふつうスタイルのXactiも新モデル VPC-SH1が発表されました。特徴は広角35mmレンズ、そして動画撮影時に動作する30倍アドバンスト・ズーム。アドバンスト・ズームとはフルHD動画(1920 x 1080)を撮影時に使われるイメージセンサーを従来の200万画素分から350万画素分に拡大することで、より高倍率ズームが可能になるというものです。静止画は1000万画素(400万画素センサーからの情報を「改良して記録する」形式)。また本機も薄さ4.3cm・重さ204gとスリムになっています。

そのほかの仕様はVPC-CS1とほぼ共通。具体的には、動画形式がMPEG-4 AVC / H.264と次世代フォーマットのiFrameに対応。手ぶれ補正、顔追っかけ機能、マイクの集音範囲を切り替えるサウンドズーム機能付き。mini HDMIスロット搭載。Eye-FiやSDXCカード対応。米国では2月発売予定というのも同じです。赤と黒の二色展開で、価格は399.99ドル。防水モデルの刷新はまだ先のようです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: sanyo, vpc-sh1, xacti
0シェア
FacebookTwitter