動画:タッチスクリーン・プロジェクター Light Touch 実機ギャラリー

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年01月8日, 午後 10:00 in ces
0シェア
FacebookTwitter

Light Blue Optics社の小型プロジェクター Light Touch の実機ギャラリーをお送りします。10型・WVGA解像度(800 x 480)のタッチスクリーンを生み出すというこのガジェットは、OSにWindows CEを採用。Adobe Flash Lite 3.1 が動作します。

プレス発表記事になかった情報をまとめると、一般的な動画再生時の明るさは15ルーメン、メニューなどの場合は35ルーメン。WiFiは802.11b/g。コンポジット入力端子付きなのでふつうのプロジェクターとしても使えそうです。98 x 35 x 165mmという大きさで、重さは400g。

現地での説明によれば、マルチタッチには未対応ながら今後ソフトウェアの改良により対応が予定されています。ギャラリーに続いて掲載した実機デモ動画ではゲームから動画再生、キーボード操作まで一通り動作。タッチ操作もなかなかいい精度です。まだOEM化を検討している段階ではありますが、近いうちに製品として再会できることを期待しましょう。




 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ces, ces 2010, Ces2010, laser, light blue optics, light touch, LightBlueOptics, LightTouch, pico projector, PicoProjector, windows ce, WindowsCe
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents