アマゾンがKindle開発キットを来月提供、アプリストアも今年後半オープン

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年01月21日, 午後 05:00 in amazon
0シェア
FacebookTwitter

Kindle DX出版サービスの国際展開印税率アップオプションの提供など、電子ブック界の王になるべく矢継ぎ早に方策を繰り出している米アマゾンが、また新しい取り組みを始めます。それはKindle用開発キット(Kindle development kit = KDK)の提供。これにより今後開発者はKindleアプリ(アクティブ・コンテンツ)を開発し、Kindleストアで販売することが可能になります。もちろんKindle自慢の無線データ通信機能をアプリで利用することもできます。開発キットは特設サイトで登録した開発者向けに来月から提供され、Kindleストアでのアプリ取り扱いは今年後半になる予定。

アプリを販売した場合、開発者の取り分は利益の70%。売上から配布コストとしてファイル1MBにつき0.15ドルが引かれるのは、出版サービスの印税率アップオプションとまったく同じです。容量1MB、無線データ通信が1ユーザ1月あたり100KB以下になるようなアプリであれば無料配布することも可能。反対に10MB以上のアプリはワイヤレス販売不可、PCで購入してUSB転送というかたちになります。上限は100MB。

そのほか、追加コンテンツの販売や月額課金制にも対応。反対に禁止されているのはVOIP機能、広告、攻撃的なコンテンツ、ユーザの同意なくユーザ情報を収集することなど。開発キットはPC (= Windows) / Mac / Linux用に提供され、もちろんKindle / Kindle DXの両方に対応します。

アプリの具体例として、プレスリリースではオンラインレビュー対応のレストランガイドや、パズルゲームなどがすでに開発中と紹介されています。派手なアプリに向いた端末ではまったくありませんが、あらゆるゲーム環境が整っているのに気付いたら数独ばかりやっていたという人には長時間動作のKindleはいい選択肢となりそう。本屋と直接取引をしているようなパズル本製作会社もニコリとしそうです。

Read - プレスリリース
Read - 特設サイト
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: amazon, kindle
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents