DARPA出資の音声エージェント Siri、iPhoneアプリで登場

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年02月7日, 午後 11:30 in agent
0シェア
FacebookTwitter
zDARPA-based Siri digital assistant hits the App Store, smartphone sentience can't be far behind (video)

DARPA出資の研究プロジェクトから生まれたiPhone用エージェントアプリ Siri が、半年ほど前の予告を経て公開されました。近所のレストランやイベントを探す、公開中の映画を調べる、タクシーを呼ぶ、飛行機や天気予報を調べるといったことを音声で行うことができます。見つけたレストランはそのままOpenTable経由で予約可能。「家までタクシー」で現在地情報からタクシーを呼んでくれますし、ひととおり地元情報を調べたあとの「サンフランシスコではどんな感じ?」といったエージェト的リアクションが求められる場面でもちゃんと対応します。具体的には続きに掲載した動画をどうぞ。

Siriは今後ほかのスマートフォン向けにも提供される予定。ただし今のところ日本のApp Storeからはダウンロードできません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: agent, darpa, siri
0シェア
FacebookTwitter