米国ではVerizonから販売されるHTCの新端末 " Incredible "の動画が出てきました。 「インクレディブル」というものすごいコードネームは、かつて流出したHTC版 Android 2.1 ROMのなかで見つかっていたもの (既存の端末を含む完全なリストは Bahamas, Bravo, DesireC, Dragon, Dream, Espresso, Halo, HeroCT, HeroC, Hero, Huangshan, Incredible, Legend, Liberty, Memphis, Paradise, PassionC, Passion, Sapphire, Supersonic)。

「ドラゴン」や「ブラボー」を超える圧倒的なお化け端末を思わせる内部名ですが、現在のところ伝えられている仕様は Android 2.1 + HTC独自のSense UI、3.5 ~ 3.7インチ程度で WVGA解像度のタッチ画面 (液晶かOLEDかは不明)、光学ポインタ、HTCの上位端末標準となりつつある Snapdragon プロセッサ、Nexus Oneより少ない 256MB RAMなど。背面はカメラレンズのとなりにデュアルLEDライト、そして謎の凹凸が目を引きます。続きはリンク先の Pocketnowが携帯カメラで撮ってきた動画。この種の先取り映像ではお約束の激しいブレやボケに加え「再生時間の大半は撮影対象ではなく床が写っている」という斬新な映像体験に出会えます。

[Thanks, Ray]